友新会ニュース|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

友新会ニュース

企画調査委員会第1回シンポジウム「中長期の展望」が開催されました!

(2012.11.14 UP)

ホームページ委員会 松井良太(56期)

平成24年11月8日(木)18時より友新会企画調査委員会第1回シンポジウム「中長期の展望」が大阪弁護士会館2階ホールで開催されました。

まず、「少子高齢化社会」(報告者:阪口誠会員)、「社会ストレスの増大にまつわる社会問題」(報告者:元氏成保会員)、「グローバル化を原因として生じうる社会問題」(報告者:周々木晴香会員)、「地球温暖化問題」(報告者:針原祥次会員)をテーマとした基調報告がそれぞれなされました。

その後、株式会社日本総合研究所の宮林幸洋氏をコーディネーターとしてパネルディスカッションがなされました。

普段の業務ではあまり考えることのないテーマが多かったのですが、社会ストレスの増大により自殺者が高止まりしていること等、深刻な問題が多いことを感じました。また、普段の業務に追われる中でどうしても見落としがちになりますが、長期的な視野にたって、社会制度の構築を図る必要があるとも感じました。

今回のテーマの発表にあたっては、相当な準備が必要だったと思います。

パネリスト、コーディネーターの方々、本当にありがとうございました。

企画調査委員会第1回シンポジウム「中長期の展望」 フォトアルバム

以上