イベント速報|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

イベント速報

【ホームページ委員会企画】ピラティス・ヨガ講座を行いました!

(2014.11.10 UP)

ホームページ委員会船瀬茉莉(新64期)

業務に追われる会員の皆様に、リラックスできる時間をお届けすべく、平成26年11月4日、大阪弁護士会館に講師三浦明美先生をお招きして、ピラティス・ヨガ講座を行いました。

テーマは、「事務所でできるピラティスヨガ」。ピラティスなんて初耳!という初心者にも無理のないプログラムです。

まずは、背骨を意識しながら何度か前屈します。次に、三浦先生の優しい声のリズムにあわせて、背中に大きく息を入れ、体の広がりを保ったまま息を吐きます。息を吐いているだけで、一見すると何もしていないかのようなのに、体を使っていることを実感します。


続いて、専用のボールを踏んで、足の裏をゆっくりマッサージ。参加者からは「痛い」との声があがりました。全身を支える足の裏、むくみの溜る足の裏は、参加者が気付かないうちに随分と凝っていたようです。しかし、マッサージ後は、「地面が足に吸い付くような感覚に変わった」との感想があり、たった数分間のマッサージによって確かな効果がありました。

背中や足がぽかぽかしてきたところで、椅子に座ったまま骨盤を前後に動かすストレッチのほか、体を左右に倒したり、ひねったり、肩を回したりと、事務所でできるストレッチをご指導いただきました(後記)。

後半は、床を使用したプログラム。ヨガの太陽礼拝のポーズで、背中や股関節を気持ちよく伸ばします。その後、仰向けになり、照明を落として瞑想の時間…。大阪市内の明かりを遠くに感じながら、喧騒を忘れてリラックス。この間、どうやら眠りかけた参加者もいたようです。

瞑想を終えて、ゆっくりと起き上がると、体と気持ちがスッキリとしており、ピラティス・ヨガ講座は終了しました。

日々の業務も、健康な体があってこそ。毎週のようにレッスンに通うのは大変でも、少しの空き時間に体を動かし、心と体をほぐす方法があります。さぁ、このホームページを見ている皆さん、肩や背筋は大丈夫ですか?気軽にピラティスヨガを取り入れ、健康的な毎日を過ごしましょう!!


以上

〜簡単オフィスプログラム〜(一部だけでもOK)
1. 背骨のひとつひとつを順に倒しながら、前屈。逆に背骨を積み上げる感覚で立位。
2. 背中に片手を当て、手に向かって大きく息を入れる。背骨が広がったのを感じたら、広がりをキープしたまま、口から息を吐く。
3. ヨガボールやテニスボール、ゴルフボールなどで足の裏をマッサージ。
4. 椅子に座って、骨盤を前後に動かす。
5. 両手をそれぞれの肩に置き、右(左)肘を上に、左(右)肘を下げるようにしてグルグル回す。
6. 右(左)手を上にあげながら上体を左(右)に倒し、左(右)手で体を抱えて右(左)肋骨の下に手を当て、その手に向かって深い呼吸を繰り返す。
7. 椅子に座って、背中に息を入れ、吐きながら右に(左に)体をひねる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

講師 三浦明美先生のブログ