イベント情報|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

イベント情報

〜「三訂版 弁護士業務にまつわる税法の落とし穴」出版記念〜
「最新法令で学ぶ租税手続・救済法の基礎」連続研修 第1回が開催されました

(2015.07.09 UP)

平成27年6月23日(火)午後6時30分より、大阪弁護士会館において、「三訂版 弁護士業務にまつわる税法の落とし穴」出版記念〜「最新法令で学ぶ租税手続・救済法の基礎」連続研修 第1回が、友新会と大阪弁護士協同組合の共催により開催されました。

同研修は、友新会の創立100周年記念事業として行われた「税法講座」の講演録を基に発行された「弁護士業務にまつわる税法の落とし穴」の三訂版の出版を記念して開催されたもので、「税法講座」の企画立案者、同書の編著者であり、総務省行政不服審査制度検討会の委員を務めるなど租税法・実務に精通する水野武夫会員(20期)が講師を務められました。

当日は、他会派を含めて多数の参加者があり、税務調査、申告、更正、更生の請求等の処分前の手続きについて、水野会員からわかりやすく実戦的に解説していただき、大変充実した研修となりました。

第2回は、7月22日(水)午後6時30分より、同じく大阪弁護士会館において開催されます。水野会員より、審査請求や訴訟といった処分後の救済手続きについてご講演いただく予定であり、大変に興味深く実務に役立つ内容となることは間違いありませんので、是非ご予定おきください。

「最新法令で学ぶ租税手続・救済法の基礎」フォトアルバム

以上