イベント速報|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

イベント速報

2016 友新会ハイキング企画

(2016.12.15 UP)

親睦委員会 副委員長 小林 諭(60期)

平成28年10月30日(日)、晴天の上、心地よい冷気を感じる絶好のコンディションの下、ハイキング企画がスタートしました。20名もの方に参加していただきました。

予定通り午前8時30分に河内長野駅前で集合し、バスで金剛山登山口前へ行きました。登山口の茶店前では、各自トイレやストレッチ等の準備を行い、いよいよ出発です。

茶店を出発すると、間もなく分かれ道に着きました。事前のリサーチ段階では、家族向けとされた7.4qのコースを基本プランとし、物足りない人は急坂を上る千早城址を回るコースに分かれ、その後合流する予定でした。進行方向に向かって右手には登りの階段が続く未舗装の道、左手は舗装されている幅4m以上の道で、左の道には7,8名の年配の方々の集団が歩いていました。

私たちは、左手が正規のルート、右手が上級者用の千早城址経由のルートと思い込んでしまい、ここで2手に分かれました。

正規ルートと思われた左手ルートでしたが、いくら進んでも事前にリサーチした地図にある目印が出てきません。不安が広がる中、モバイルを片手に川添先生が一言、「こっちはかなり遠回りするルートみたいですね。最初に右に行ったのが正規コースみたいですね。」。一同が凍りついたことは言うまでもありません。

とはいえ、こちらもハイキングコースの一つとなっていたようでした。途中から尾根沿いを歩く急峻なコース、沢沿いを上る谷コースと分かれ、ハイキングだけではなくトレッキング的な要素も楽しみながら、全員無事に山頂へ到着しました。私は、最年少参加者の越智先生の御子息らと沢沿いコースに行きましたが、沢にかかる木の橋を渡るのが楽しかったようで、笑顔の絶えない楽しいパーティーでした。

全パーティーが予定通りの時刻に山頂へ到着し、転法輪寺、葛木神社でお参りをし、予定の時刻に昼食会場である香楠荘へ移動しました。

風呂は若干狭かったですが、食事は十分な質と量があり、全員で楽しく懇親を図ることができました。参加したみなさまから、「天気が良くてよかった。」、「良い経験ができた。」、「けが人が出なくて良かった。」などの言葉を頂くことができ、安堵しています。

このように楽しく無事に終わった本企画でしたが、担当者としては、リサーチ不足で現場を混乱させてしまったことを反省しております。屋外の催し物を企画・運営される方は、できる限り下見をされるべきと思います。

いろいろありましたが、参加していただいたみなさま、誠にありがとうございました。

友新会ハイキング企画 フォトアルバム

以上