友新会ニュース|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

友新会ニュース

令和元年度 友新会・新年会報告

〜阪口祐康会員(47期)が令和2年度大阪弁護士会副会長に当選されました!〜

(2020.04.27 UP)

副幹事長 辻岡信也(65期)

令和元年1月17日午後6時より、ラグナヴェールプレミア大阪にて新年会が開催されました。当日は、友新会が推薦した阪口祐康会員(47期)の令和2年度大阪弁護士会副会長当選が確定し、そのお祝いも兼ねて新年会は大変盛り上がりました。

冒頭、岩井泉幹事長(43期)から開会の挨拶と阪口祐康会員の当選の報告があり、続いて藪野恒明会員(29期)による乾杯の発声により祝宴が始まりました。

祝宴ではまず川村和久副会長(46期)から挨拶があり、次に令和2年度友新会幹事長に就任予定の山川良知会員(43期)から挨拶と次年度執行部メンバーの紹介がありました。

その後間もなく、令和2年度大阪弁護士会執行部の記者会見を終えた阪口祐康会員が会場に到着し、松葉知幸会員(30期)による激励と発声により、再度乾杯が行われました。

再度の乾杯後、阪口祐康会員から副会長当選の挨拶があり、これに対し、印藤弘二会員(41期)から祝辞が述べられました。

宴もたけなわの頃、令和2年度大阪弁護士会会長に当選された川下清先生、副会長に当選された溝内有香先生、法曹公正会幹事長の中森亘先生(いずれも法曹公正会)が来場され、祝賀の挨拶を頂きました。

新年会では、新春お年玉大抽選会と題した抽選会が行われ、当選者には岩井泉幹事長、山川良知次期幹事長及び阪口祐康次期副会長が選んだ豪華景品が手渡されました。また、1月度幹事会で入会承認予定の新人の皆さんからも一言ずつ挨拶がありました。

大変盛り上がる中、新人の上塩入大樹さん(72期)による恒例の万歳三唱をもって、新年会はお開きとなりました。

令和元年度 友新会・新年会報告 フォトアルバム

以上