友新会100年の歴史|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

ゆうしんデータファイル

大本教事件(第1次)と足立進三郎

京都府亀岡市に本拠をおいた大本教は、当時の日本の現状を鋭く批判し世直しをとなえて農民や市民の間に急速に広まっていた。政府は、大正9(1920)年出口王仁三郎らを不敬罪などの罪で逮捕・起訴した。足立進三郎は弁護人として「神憑り」を述べたにすぎず不敬に該らないと出口らの無罪を主張し、大本教、出口らの権利の擁護に努めた。

足立は昭和元(1926)年の大阪弁護士会長で数多くの反骨エピソードを有する。官尊民卑の思想が裁判官、検察官らの席と弁護人席の高さの違いにまで表れていた昭和初年のころ、横着な裁判長が審理中に、廷丁(廷吏のこと)を呼びつけて私用を言いつけていたという。足立はこれを見て廷丁に対し「日本国刑事訴訟法に基づいて弁護権を行使している最中に、廷丁は何をしているのか」と問いただす。すると裁判官は自ら叱られているのを察知してあわてて詫びを入れたという(会報128号大弁の歩み)。