友新会100年の歴史|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

ゆうしんデータファイル

旧会館と控訴院

大阪弁護士会では、大正4(1915)年から弁護士会館の建設を企図し、大正8(1919)年、大阪控訴院から敷地利用の許可をとりつけ、様々な曲折を経て大正12(1923)年着工、翌年2月完成した。当時の会費毎月1円に加え、大正3(1914)年から毎月特別会費として1円が増やされ、更に大正12(1923)年9月からは特別会費が2円となったという(大弁百年史)。

一方、大阪控訴院の建物は、明治42(1909)年の天満焼けによる2度目の火災後、明治43(1910)年から建設が始まり、大正5(1916)年に完成した。鍋島藩・津軽藩の蔵屋敷の跡地で、昭和48(1973)年まで「赤レンガ」と呼ばれ市民に親しまれたものであった。