友新会 会則集|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

ゆうしんデータファイル

友新会慶弔規則実施要綱

(趣旨)

第1条 本要綱は、友新会慶弔規則(以下「慶弔規則」という。)第5条の規定に基づき、本会が贈呈する祝金の額、香典等の額その他の事項について定める。

(慶事の祝金)

第2条 慶事の祝金の額は、次に掲げるとおりとする。
  一 結婚 金2万円
  二 事務所独立又はパートナー就任 金2万円

(弔事の香典等)

第3条 弔事の香典等の額等は、次に掲げるとおりとする。
  一 会員の死亡          金2万円及び供花
  二 会員の配偶者の死亡      金1万円及び供花
  三 会員の直系尊属又は卑属の死亡 金1万円又は供花

(祝電及び弔電)

第4条 会員の叙勲、結婚又は弔事の場合は、幹事長名で祝電又は弔電を送付する。

2 幹事長名には、「大阪弁護士会友新会幹事長」との肩書を付する。

3 祝電の場合の価格は3000円を、弔電の場合の価格は2000円を目安とする。

(供花)

第5条 供花には、「大阪弁護士会友新会」と表示する。

2 供花の価格は、1万円とする。ただし、実情に応じて増額することができる。

(受付等)

第6条 会員の死亡の場合は、原則として、役員が通夜及び告別式の受付を行う。

2 会員の死亡の場合、遺族の希望等に応じて弔辞を供える。

(香典又は供花の辞退)

第7条 一般の弔慰者の供花を辞退されている場合においても、本会の供花の要否について、喪主又は遺族の意思を打診する。

2 一般の弔慰者の香典を辞退されている場合においても、原則として、本会の香曲を届けるものとする。

附則

本要綱は、平成23年4月1日より施行する。