友新会の活動|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

友新会の活動

研究委員会

皆様の研究委員会

研究委員長 安元義博(43期)

安元義博 委員長

「自分が勉強したいことは皆様も勉強したいこと」との信念のもと,皆様のお役に立つ研究委員会を目指しつつ,実は自分が勉強したい(教えて欲しい)ことをテーマに取り上げてまいります。現時点で私が考えておりますテーマはいくつかございます。

ひとつは,「会社法を使いたおす!」デス。会社の制度設計の自由度が増した言われる会社法ですが,具体的に何をどうすれば最も効果的な会社ができるのか,どのような種類の株式を発行すれば経営者が欲する資金調達ができるのか,これらに弁護士としてどのように関与していけばいいのか,などを勉強することを考えております。

次は「『ハケン切り』を切る!」デス。昨今問題となっております派遣社員の問題を切り口として労働法の問題を労使双方の立場から勉強するものです。これは時宜にかなったテーマですが,労働法入門として主に若手向きの企画として考えております。

そして「遺言はいかが?」デス。遺言が遺恨にならないようにするにはどうすればいいか,遺言を書かせるためのコロシのテクニックなどを勉強し,信託銀行や隣接業種との厳しい競争に打ち勝つ理論と実践を学ぼうではありませんか。さらに,「シリーズ『新法さん』」デス。シリーズになるかどうか分かりません。「自由と正義」の新法紹介コーナーから適当なテーマを選んで勉強しようと考えております。

このようにいろいろ考えておりますと気分が盛り上がってまいります。ところで,誰がこのようなノウハウ中のノウハウを教えてくれるのかに思いを致しますと,早くも「企画倒れ」の言葉がよぎります。副委員長・委員の皆様,そして全友新会員の皆様,どうかご協力下さいますようお願い申し上げます。