友新会の活動|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

副幹事長 田村義史 就任のごあいさつ

とことん楽しみたいと思っています

副幹事長 田村義史

副幹事長 田村義史(56期)

令和2年度の友新会副幹事長(庶務1)に就任しました田村義史(56期)です。

私は、友新会の中では「親睦族」と呼ばれる種族(?)に属しており、親睦委員会にどっぷり浸かり、副委員長や委員長も経験しました。また、友新ゴルフ会の幹事も経験しました。友新会の中でやってきたことといえば、それぐらいです。つまり、「遊び」の面でしか、友新会に貢献してきませんでした。

こんな「遊び」専門の私ですので、これまで3度副幹事長の該当期が巡ってきたときには、執行部は忙しそうだし、煩雑そうだし、できればやりたくないなと思っていたというのが正直なところです。

ところが、最近、同じ事務所の葉狩陽子と澤田亘が平成27年度と29年度の会計担当副幹事長を務めたり、自分自身が30年度の親睦委員長を務めたりして、執行部の先生方の仕事ぶりを間近に見る機会が増えるにつれ、少しずつ印象が変わってきました。執行部の先生方が、やはり忙しく煩雑そうではあるけれど、一つのチームとして強固に団結していて、なぜか楽しそうに見えてきたのです(葉狩は退任の挨拶でかなり愚痴っていましたが…)。そんな姿を見て、一度ぐらい執行部を経験するのもいいかなと思うようになってきました。そんな矢先に、今回、庶務1の該当期が巡ってきました。しかも、幹事長は、私が大阪弁護士野球団で昔からたいへんお世話になっており、尊敬してやまない山川良知先生です。これはやるなら今しかない、ということで立候補し、同期の皆さんに送り出してもらいました。

そんな次第ですので、幹事会や総会の資料作成、会員情報の管理、一斉メールや個別ファックスの送信等、庶務1の職務が責任重大であり、けっして楽な仕事ではないことは重々承知していますが、せっかくやるならとことん楽しみたいと思っています。そして、できれば友新会の会員の皆様にも、友新会にいることの楽しさを感じていただきたいと思っております。

どうぞ1年間、よろしくお願いします。

以上