【若手会だより】若手会だより〜「YY−NETWORK」の1年を振り返って|大阪弁護士会 会派 友新会

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

若手会だより

若手会だより〜「YY−NETWORK」の1年を振り返って

平成25年度友新若手会世話人代表 矢根俊治(58期)

本年3月31日をもって、平成25年度友新若手会の世話人19名全員が任期満了により退任し、私の世話人代表としての職務も終了しました。1年間、本当にお世話になりました。

平成25年度の世話人会は、「活かそう YY−NETWORK!」というキャッチフレーズを定め、世話人一同、若手会員のみなさんに少しでもお役に立ちたいとの思いで活動してきました。「YY−NETWORK」というフレーズは、ちょうど10年前である平成15年度に友新若手会が初めてキャッチフレーズを採用した際に使用されたものです(歴代のキャッチフレーズについては こちら をご参照下さい。)。この10年間で弁護士を取り巻く環境は激変し、とりわけ若手弁護士は一層厳しい状況におかれていますが、友新若手会が長年培ってきた様々なネットワークを徹底的に活用し、発展させることによって、このような厳しい環境にあっても決して孤立することなく、希望をもって、依頼者のため、家族のため、そして自分自身のために弁護士業務を行っていくことができるのではないかとの思いから、今年度、「YY−NETWORK」というフレーズを復活させました。

世話人代表を退任するにあたり、この1年間に行ってきた活動を振り返ると、若手会活動に参加して頂いたみなさんには「YY−NETWORK」を活用して頂けたかと思いますし、私自身、多くの若手会員のみなさんと接することで、「YY−NETWORK」のすばらしさを実感することができました。しかし一方で、会員数が300名を超え、友新若手会に対する意識やかかわり方が多様化していく中で、当初、私が思い描いていたように「YY−NETWORK」を活用しきれなかった部分、発展させることができなかった部分も多々ありました。また、もっと工夫してより多くのみなさんに、より深く「YY−NETWORK」を活用して頂ける余地もあったようにも思います。不十分であった点、ご満足頂けなかった点については、世話人代表としてお詫び申し上げます。

平成26年度の友新若手会は、3月25日に開催された定時総会で選任された合計20名の新世話人のみなさんの手に委ねられますが、みなさん個性派かつパワフルな方ばかりですので、充実した活動をされるものと期待しています。私自身は、世話人代表としての経験を踏まえつつ、一若手会員として、残された2年間、引き続き「YY−NETWORK」を存分に活用させて頂くとともに、より発展するよう努力していく所存です。

改めて、この1年間、みなさまには本当にお世話になり、ありがとうございました。今後とも、友新若手会をどうぞよろしくお願い致します。


平成25年度友新若手会定時総会の様子


若手会卒業期の先生方



卒業記念品は、バリスタ!


平成25年度若手会世話人