【若手会だより】R2年度 友新若手会世話人会の活動 その1

大阪弁護士会には、弁護士の有志で作る会派が7つあります。友新会は、そのひとつで、明治32年(1899年)4月に創立された最も歴史のある会派です。

Google
WWWを検索   友新会内を検索
  • ホームへ
  • けっこう使える!行事表
  • 三木・小寺副会長のHELLO! 二人三脚レポート
  • 友新会の活動
  • ゆうしんデータファイル
  • 会員専用ページ

若手会だより

若手会春季臨時総会を開催しました

若手会世話人 船瀬茉莉

本年度の若手会春季臨時総会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の必要性から、例年より1か月ほど遅めの7月21日に、ビデオ会議方式での出席を推奨して実施しました。会場での出席者は15名、ビデオ会議方式での出席者は13名でした。

冒頭、山田和哉世話人代表から、本年度の若手会に対する思いが語られ、キャッチフレーズ「友新若手会、ここに有り!#STAY YUSHIN」の紹介がありました。

審議では、「本総会においてビデオ会議方式による参加を認める件」が議案となったほか、前年度の決算、本年度の予算が承認されました。

例年は総会の後に懇親会を行っており、若手会員同士の交流を密にする良い機会ですが、今年はその密を避けざるをえず、総会のみで解散しました。短時間の会とはなりましたが、ビデオ会議方式でご出席頂いた若手会員とも互いの顔を見ながら時間を共有できたことは、とても有意義であったと感じます。

リアルに会えない今だからこそ、「友新若手会、ここに在り!」と、このネットワークの力を発揮できるよう、世話人一同頑張って参ります。ついては、皆様、「#STAY YUSHIN」で、今年度も若手会を楽しんで下さい。